返済が遅れるとどうなるか

カードローンの利用にあたって不安の1つが返済です。カードローンの場合、毎月決められた金額を返済しなければいけません。返済額が大きくならないように、借り過ぎに注意しながら利用するのが、カードローンを賢く使うコツです。

 

しかし、もし返済期日までに返済ができない場合にどうなるのか、カードローン利用を考えているならば、ここは気になる問題かと思います。返済遅れがきっかけで家や職場に押しかけてきたり、毎日嫌がらせの電話がかかってきたりでは、精神的に参ってしまうだけでなく、これがきっかけで仕事が続けられなくなる可能性もあるからです。

 

しかし、闇金を除けば、返済が遅れたからといって家に押しかけて来るわけではありません。確認の為のはがき、または電話はきますが、それも会社や家ではなく、携帯電話優先でかかってきます。今は法律も改正されて、消費者金融もそれを遵守しているので、迷惑行為による取り立ては行われません。

 

しかし、返済が遅れると信用情報に傷が付き、今後の各種ローンの審査に通らない可能性が出てきます。また、返済が遅れると遅延損害金が発生し、その間は利息が多めにかかってきます。返済遅れがないよう計画的な利用を心がけましょう。

 

今のままでは返済が負担になっている、いつか遅れそうと感じるなら、早め早めの対応を取っておくべきです。金利が低いところへ借り換える、複数から借りているならなるべく一つは完済するなど、返済の負担を軽減できるような何かをすべきです。

 

返済が苦しいからと5万円を借り入れるといったその場しのぎの借金は何の解決にもならないため、余計な借り入れは増やさずに返済を第一に考えるようにしましょう。